ひつじ日和

ひつじがたくさんいる国で暮らす人の日常。美容・持たない暮らし・旅行・映画・読書など。

ウェルカムボードにも!ハートマップでウエディングの準備

来月、ウエディングフォトを撮るため、ちょこちょことDIYを開始しています。

インスタグラムでも可愛いウエディング写真を載せている人もいますが、私は断然Pinterest!

簡単なDIYのアイデアが見つけられるので、自分で小物をささっと作るのに便利です。

 

シンプルで可愛いHeartMap

私が1番最初に着手したのが、「Heart Map」。

要は新郎新婦の思い出の場所の地図をハートにして額縁に飾る、というものなんですが、

f:id:coco26_26:20171112054425j:plain

こんなのとか、

f:id:coco26_26:20171112054439j:plain

こんなのとか、

 

あんまりデコデコしすぎじゃなくて、後々部屋に飾っておくのにもいいかも!と思い、作ることにしました。

 

どこをハートにする?

「まずはどの場所を入れるか」「何個ハートを作るのか」ですが、もうこれは人によって色々みたいです。

  • 出会ったところ
  • 初デートしたところ
  • 付き合うことになったところ
  • 結婚するところ
  • ハネムーンのところ
  • 一緒に住むところ

などなど、「2人の記念の場所」を入れている人が多いようです。

 

私は、「彼・私の出身地」「出会ったところ」「結婚するところ」を採用。敢えて出身地を入れたのは、

  • この4つが全部違う国なので、それが私たちらしさだと思ったから
  • ハネムーンの予定が決まっていないので、入れようがないから
  • 出会ったところ・付き合い始めたところ・初デートは全部同じ街なので、全部載せたらつまらないから

という理由からです。

 

作り方も超簡単

それでは工程を写真付きでどうぞ!

①Google mapを加工する

f:id:coco26_26:20171112065958j:plain

まずは地図をダウンロードするのですが、Google mapの色合いが好きじゃなかったので、加工することにしました。

パソコンの画面をスクリーンショットして、色の加減を編集。

私はレトロっぽいのがよかったので、ちょっとくすんだ色加減にしました。

 

②ハートに切り抜く

f:id:coco26_26:20171112070032j:plain

出会った場所、メルボルン

加工した地図に、白枠のハートシェイプをつけます。

白枠にしたのは、写真を切り抜いた時に多少切り方がぶさぶさでも、目立たないかなと思ったから。

後ろの紙がピンクならピンク色のハートにすればいいし、黒なら黒のハートを書けばいいと思います。

 

③台紙を用意する

私は台紙に、「He's from」「She's from」「Met」「Married」の文言を付け加えました。

この文言を入れた台紙はワードで作ったのですが、字のフォントをちょっとおしゃれなものにするといいかも。

ちなみに、結婚記念日や2人の名前を入れている人も多いようです。

f:id:coco26_26:20171112060206j:plain

こんな風に、「出会った場所(Hello)」「プロポーズの場所(Will you?)」「結婚する場所(Mr&Mrs.)」を表現するのも面白いかも。

 

④ハートを台紙に貼って、額に入れれば完成!

台紙をA4の薄い紙にしたのですが、もっと上質な紙を使えばよかったかな?と少し後悔。でも額縁に入れたら特に気になりません。

ちなみに額縁はダイソーです。

 

出来上がりはこちら!

f:id:coco26_26:20171112063719j:plain

 

地図の色加減を編集するのに時間がかかりましたが、切って貼ってだけなので、不器用な人にもおすすめです。

何を隠そう私が超不器用なので、それでもできましたから。

 

ウェルカムボードにもあり

私はウエディングフォトにかこつけて作ったので、当日はこれをフォトグラファーに撮ってもらおうと思います。

日にち・名前を入れれば、結婚式のウェルカムボードとしても使えそうですよね!

 

というわけで、誰得?なDIYの様子をお届けしてまいりましたw

もし、「ハートマップの作り方が気になる!」という希少な方(?)がいたら、参考にしてくださいね。

 

※写真はすべてPinterestからお借りしました。

『ブルックリン』でアイリッシュ英語に悪戦苦闘!

秋といえば芸術の秋!ということで、最近は映画をよく見ています。

(本当は「食欲の秋」が1番しっくりくるけど)

最近観た中でも1番好きなのが、『ブルックリン』。

 

アメリカンドリームを夢見たアイルランド人の女の子がNYへ渡り、移民として新しい生活を始め、恋をし・・・というワクワクする前半から一転して、後半は「故郷アイルランドで生活するのか?NYで得た生活をとるのか?」という究極の選択を強いられて板挟みになる様子が描かれています。

 

私が「この映画好き!」と思ったのは次の理由から。

  • エイリシュ(主人公)に超共感できる。慣れない土地で、差別を受けたり上司に怒られたりしながら、徐々に生活基盤を作っていく彼女。私も海外移住組なので(当然その大変さは月とスッポンくらいに違うけど)、その1つ1つのプロセスに対する感情がよくわかる。
  • 移民の気持ちが本当によく描かれている。エイリシュがアイリッシュ移民のためのクリスマスパーティーでボランティアをするシーンで、アイルランド民謡を唄う男性と、それを聞いてすすり泣く老人たちを見て、故郷に対する思いは格別なんだと感じた。
  • エイリシュのファッションが可愛い。古風なお嬢さんって感じ。

f:id:coco26_26:20171015161806j:plain

ちょっと野暮ったい感じがまた可愛い。ワンピースとカーディガンの色が揃っていてオシャレ!腕時計も可愛い。

  • エイリシュがアイルランドで出会う青年、ジムがかっこいい!本当にかっこいい(2度目)!

f:id:coco26_26:20171015162055j:plain

ドーナル・グリーソンというアイルランド出身の俳優さん。『ハリー・ポッター』シリーズにも登場しているようです。この写真見ただけでも、かっこいいなぁと思ってしまう。笑

 

でも、この映画を見て1番感じたのが、「アイリッシュ英語ってなんて難しいの!」ということ。

 

吹き替えなし+英語字幕で見たのですが、本当に字幕がなければ何と言っているかわからなかったと思う・・・。「え?英語だよね?」と耳を疑ってしまうくらい。

 

特に感じたのが、次のこと。

  • 「U」の発音が「う」に近い。

例)But=ブット、Thank you very much=サンキューベリームッチ

  • とにかく速い!もにょもにょとこもっている感じ

 

同じ英語でもアメリカ英語とは全然違います。でもイギリス英語とも全然違う。

まだまだ英語を使いこなすにはたくさん勉強が必要だと感じさせられた、そんな映画でした。

 

これを見れば何となくわかってもらえるかも・・・特にエイリシュはアイリッシュ訛りがしっかりしていると思います!

貴重な体験?伊勢神宮の御神馬に会えた

実は、数ヶ月前日本へ一時帰国していました。

 

友人に会ったり、買い物したり(ほぼユニクロ!)、おいしいものを食べたり、とても楽しかったのですが、その中でも印象に残っているのが母親との旅行。

 

私が帰国した際は、いつもどこかに一緒に行くのですが、今回は京都・伊勢へ。

 

京都は数回訪れていますが、伊勢は初めて!目的はもちろん伊勢神宮だったのですが、そこで1番印象に残っているのは【神馬】です。

 

外宮で突如現れた美しい御神馬

外宮を訪れたとき、あまり道順を考えずに、「帰りは違う道を行こう」と歩いていたときに、御神馬にお目にかかることができたんです。

 

f:id:coco26_26:20170823163025j:plain

外宮の御神馬、笑智号。

 

真っ白で美しい毛色に、私も母も思わず見とれてしまいました。カメラを向けている間中(もちろんフラッシュは厳禁!)、ずっとこちらに顔を向けていてくれて、とにかく優しい目鼻立ちに、こちらまで優しい気持ちになるというか。

 

私たちがカメラをしまった後に、後ろを向いてしまったのですが、「まるで写真を撮らせてくれたみたいだね」と言った母の一言が忘れられません。

 

偶然見かけられたことに感謝

そのときは特に気にかけなかったのですが、後々調べてみると、必ずしも見られるものではなかったということが判明。

神馬は天気と体調により一日のうち数時間、御厩みうまやに入ります。また、毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りします。

 よくあるご質問|伊勢神宮

 

時間が決まっていない上、天気と体調でいないこともあるのだとか。私たちは午前中、9時くらいだったかな、御厩でお目にかかることができました。

 

神馬がいるということさえも知らずに行ったのですが(本当にお上りさん状態、知識ゼロ)、見られることができて本当に良かったと思います。

 

何も知らない私たちですら、とにかく優しく神々しいパワーを感じることができました。とても貴重でありがたい体験だったと思います。

 

口紅はブランドよりも品質で選ぶ!カレン・マレルのすすめ

おはようございます。今日は私の愛用している口紅について。

 

f:id:coco26_26:20170822050425j:plain

ここ3年、口紅はずっとKaren Murell(カレン・マレル)を愛用しています。

 

口紅は「口につける紅」なので、自然と体内に取り込まれる量も多い。一説によると、女性は生涯に数kgの口紅を「食べている」計算になるのだとか。

 

その話を聞いてから、口紅は自然由来のものがいいかな・・・と思うようになった結果、たどり着いたのがカレン・マレルでした。

 

カレン・マレルはニュージーランド発、自然由来のリップスティック。

その原料もナチュラルなものに徹しています。

アボカドオイル、イブニングプリムローズオイル、カンデリア、カルバナワックス、シナモン、スイートオレンジなどの成分がつける度に唇をケアしてくれます。

カレン・マレルについて | Karen Murrell(カレン・マレル)公式オンラインショップ - ナチュラルリップスティック

 

どの色も発色がいい!私は次の4つを持っています。

 

f:id:coco26_26:20170822104843j:plain

左から、

02:コードバンナチュラル(ベージュ系のシンプルな色。仕事用にぴったり)

03:ピンクスターレット(個人的に1番すき!落ち着いた色味のピンクです)

04:レッドシマー(「真っ赤」というにふさわしい赤色。気分を変えたいときに)

13:カメリアモーニング(唇にのせるとかなり目立つ、薄いピンク)

 

特におすすめは02と03!主張しすぎず、顔の印象を変えてくれる色だと思います。

シンプルライフを心がけている身としては、4本も口紅を持っているのは落ち着かないのですが、どれも好きなので厳選することはできなさそうです。

 

日本では2016年から販売になっているようで、取り扱い店舗も増えてきているようです。

Karen Murrell(カレン・マレル)公式オンラインショップ - ナチュラルリップスティック カレン・マレル

 

自然由来にこだわったカレン・マレル、これからメジャーになっていくことを期待しています♪

ピンクのイルカを見ずに大澳を楽しむ方法@香港。食と街歩きに限る!

 今日は香港旅行記の続き。

まだ書くか?って言われそうだけど…。途中で終わらせるのは嫌なので。

 

前回の記事はこちら。

 

オールド香港を大澳で体験

香港というときらびやかな夜景、高層ビル、ショッピング…というイメージを持つ人が多いはず。私は今回訪れるまで香港はどこへ行っても新宿〜渋谷の街並みが続いているようなイメージを持っていたんです。

 

ところがどっこい、香港にも古き良き田舎の街並みというのが存在しています。その田舎エリアの一つ、大澳(タイオー)に行ってきました。

 

バスは車酔いに注意!

香港は3つの島から成っていて、大澳は空港のあるランタオ島に位置します。東涌という駅から出ているバスに乗っておよそ1時間ほどで到着しました。

 

ただ、私にはこのバスが辛かった…。山を越えていくぐねぐねの道に吐く寸前まで酔ってしまいました。車酔いしやすい方は事前に酔い止めを飲んでいくことをおすすめします。

 

ピンク色のイルカが見られるかも

大澳のウリと言えば、ピンクイルカ!シナウスイロイルカと呼ばれるピンク色のイルカを見られるので、そのフェリーが多く出ています。観光客もそれ目当てできている人、多いんじゃないかな。

 

f:id:coco26_26:20170701074821j:plain

画像はFlickrからお借りしました。こんな感じなのかな…かわいい。

pink dolphin | This was captured by a boat Capt. in Lake Cha… | Flickr

 

でも私はパス。車酔いでぐったりの体で、その日は香港には珍しい寒さ(13℃)だったので、フェリーに乗るなんてまるで無理でした。

 

でもピンクイルカを見なくても大澳は楽しめました。私の好きな散歩と食がとっても充実していたんです。

 

ノスタルジックな街並みが綺麗

大澳はその街並みから東洋のベニスという異名を持っています。もともと香港は漁村として栄えた都市ですが、大澳にはその昔ながらの香港の風景が今でも残っています。

 

f:id:coco26_26:20170701070149j:plain

f:id:coco26_26:20170701070102j:plain

曇っているけどそれはそれで絵になる。

f:id:coco26_26:20170701070123j:plain

香港では竹の足場がメジャー。初めて見たときは衝撃的だった。

 

漁村らしい乾物や炭焼きの屋台から漁師が住む水上家屋まで、とにかく歩いているだけで楽しい。大都会の香港からタイムスリップしたような雰囲気の中を、ゆっくり歩いて写真を撮って。散歩好きにはたまらないひと時でした。

 

f:id:coco26_26:20170701070228j:plainこんなレトロなおうちもあった。

 

大澳の絶品ストリートフード2つ

街を歩いて冷気に当たっているうちに酔いもすっかり覚めたらお腹がぺこぺこに。単純。いくつか屋台フードにトライしましたが、是非大澳で試してほしいのが次の2つ!

①エッグパフ

f:id:coco26_26:20170701073410j:plain

香港ストリートフードの代表格、エッグパフ。大澳ではエッグパフを炭火で焼いてつくっているお店があります。おじいさんが店先で実演しながら(?)焼いてくれるエッグパフは、外カリッ、中フワッで絶品。

『大澳炭燒雞蛋仔叔叔』 住所:大澳吉慶前街59號地下

 

②ピーナッツ饅頭

f:id:coco26_26:20170701074001j:plain

f:id:coco26_26:20170701074057j:plain

こんな言い方であっているのだろうか…。広東語では糯米糍と表記される、お饅頭。中にはピーナッツが砕いたものが入っていてとても美味しかった!店のおじいさんがご高齢でいつまで続けられるのかわからないのだとか。

 

私たちのほかに店先にいたお客さんが持ち帰り用に爆買いしていました。でもそれも納得の美味しさ!

お店の名前・住所ともにわかりません…市場を抜けた海沿いに位置していました。

 

訪れるなら平日

半日だけの滞在でしたが、じゅうぶん楽しめました!次はもう少しゆっくりしたいなぁ。

 

ちなみに休日は香港人の行楽地と化して人でごった返すそうなので、平日観光のほうがいいそうです。

大失敗の直後にすること。自分を褒めちぎる!で自信を取り戻す。

ま、また久しぶりの更新になってしまった…。月日が経つのが早すぎて、びっくりしてしまいます。とか、言い訳をモニョモニョ。

 

今日は「大一番でやらかしたときの、直後のメンタルの立て直し方」について。

f:id:coco26_26:20170620134430j:plain

よく自己啓発書とか、経営者の自伝なんかに「失敗こそがチャンス」とか「成功してる人はみんな失敗している」みたいなことを書いていますよね。

本当にその通りだとは思うんですけど、自分でいざ大ヘマやったときって、そこまで気持ちをすぐにポジティブに転換できるでしょうか。

少なくとも私はできません。

 

先日仕事に関わる大事な大事な試験があり、かなり前から準備もしてきたんですが、本番数日前から体調を崩し、本番に予期せぬ出来事が起こり、終わってみて「あ、ダメだったな」思うという、かなり残念な出来事がありました。

 

正直まだ立ち直れていなくて、まだ上司に会っていないので報告はしていないけど、どうしようかな…という感じ。

 

ちょっと気持ちもネガティブになりかけていて、こういうときに前述のスーパーポジティブで、鋼のようにタフなメンタルを持っているような人が書いた自己啓発書を読むと「ああ、こんな風にはなれない…」とますますネガティブになってしまうんです。

 

そこで、ここ数日落ち込んだ自分がしていたことと言えば…

頑張った自分を評価してあげる

ということでした。

f:id:coco26_26:20170620134758j:plain

試験の結果はどうであれ、途中の体調管理はどうであれ、試験後すぐのボロボロのメンタルに「ここがダメだった、あれもダメだった」という分析をするのはあまりにも酷。ということで、「結果がどうであれ、目標に向かって頑張った自分を褒める」気持ちを持つようにしました。

 

「まぁいいや、最大限頑張ったし」と思うことで少しは楽になったかな。

 

強い自分を作るのは、自分を肯定することから始まる!と肝に銘じて、今はまだ「よしよし、頑張ったね、えらいぞ偉いぞ」と自分を褒めて自己肯定するようにしています。

 

そうすることで回復して初めて、もう一度頑張ろうとか、この失敗が次の成功につながると思えるんじゃないかなと思います。

 

多分成功した人たちはそういうのを繰り返してどんどん強い心を手に入れているから、失敗=成功のチャンスとすぐに切り替えられるんだろうな。

私にはまだまだ修行が必要だ…!

 

なんだか脱線してしまいましたが、とりあえず落ち込んだ時や失敗した時は自分を責めるのではなく最大限に自分を褒めるのが大事だなと感じだということでした。

よし、また頑張ろうっと!(もうちょっと休んでから)

 

ネスプレッソマシーンが我が家にやってきた!

ショッピングはどちらかと言えば苦手ですが、買うときには思いきるタイプ。

 

ということで、先週末のお買い物はこちら。

f:id:coco26_26:20170418140243j:plain

ネスプレッソ!

f:id:coco26_26:20170418140349j:plain

ネスプレッソと言えばジョージ・クルーニーの渋さが際立つCMでもお馴染み。

 

友人の家でご馳走になり、その美味しさにびっくり…!で、家を出たその足で買いに行きました。なんと15%オフに$100引きのクーポンがあったので、それでだいぶお安く買えました。

 

f:id:coco26_26:20170418135947j:plain

私が買ったのはEssenza Miniのホワイト。日本での展開はないようですが…。場所もあまり取らず、ミルクフォーマーもついてきて、白がおしゃれで気にいっています。

 

f:id:coco26_26:20170418140304j:plain

さらに16種類のカプセルが付属されてお買い得。

 

今はまだ一つずつ試してお気に入りを探しているところです。

 

お値段はするけど、私は毎朝コーヒーを飲むので決して無駄ではないかなぁと。むしろ毎日カフェで買うよりはよっぽどお買い得。味もいいし、もう普通のコーヒーには戻れないかも…。

 

コーヒー好きな人には絶対オススメです!