ひつじ日和

ひつじがたくさんいる国で暮らす人の日常。食事、趣味、英語など。

意外と楽しい♪KLのインフォセンター

クアラルンプール(KL)ではツインタワー→チャイナタウンと来て、まだ朝の9時前。

実は事前にリサーチしていなかったので、その他の観光スポットが何かわからない状態…。とりあえずマレーシア一の人口を誇るイスラム系の建築・モスクがある方向へと歩くことにしました。

 

突如現れたのはKL一の写真スポットだった!

写真を撮りながらゆっくりと歩いて15分くらい、段々と街の雰囲気が変わってきます。中華街の古くて密集した感じから、道路も広くなって大きい建物ばかりに。

 

そしていきなり目の前にコレが現れてびっくり!

f:id:coco26_26:20170323015906j:plain

KL随一の?写真スポット。

朝早いこともあって人っ子一人いなかった…。と思ったら、このオブジェの横の建物から女性職員が出てきて、ギャラリーに寄って行きませんか?とセールス。

 

オブジェの後ろ側の青いiマークが示すように、左側のギャラリーはKLのインフォメーションセンターとなっています。さらに中は博物館のようになっていて、「KLの歴史が見られるよ!街の模型もあるよ!」とセールストークを展開。

 

とにかく暑さにやられていた私の質問は「冷房効いてる?」でした…。「もちろん!」の一声に入場することを即決です。

 

ちなみに入場料5RMがかかりますが、館内のショップ・カフェでお買い物することで還元されます。

 

KLのイルミネーションはここで!

実はインフォメーションセンターのギャラリーということであまり期待していなかったのですが、結構面白かったです。

 

f:id:coco26_26:20170323022940j:plain

華人の食卓を再現したものや、

 

f:id:coco26_26:20170323023037j:plain

真っ赤なテーブルクロスの上に揃えられた中華系の食材まで、中華系の展示が多かったのは旧正月の後だったからのようです。

 

2階にあがるとKL全体を再現したモデルがあって、

f:id:coco26_26:20170323023606j:plain

入った瞬間部屋が真っ暗になり、モデルの後ろのスクリーンでKLに関する情報のプレゼンが開始。目で追っていくと「KLっていいところかも…」という気持ちにさせられてしまいます。

 

その間、模型たちはイルミネーションでキラキラ。KLの街並みを一望できるところはないかなあ…と思っていたので嬉かった(模型だけど)。

 

展示物を見終えて入ったカフェについてはまた今度。