ひつじ日和

ひつじがたくさんいる国で暮らす人の日常。美容・持たない暮らし・旅行・映画・読書など。

「ひつじ日和」は移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

クリッパーラウンジ@マンダリンオリエンタル香港で初のアフタヌーンティー

こんにちは!数記事に及んだクアラルンプールの記事も終わり(数時間いただけのくせに笑)。今日はその後訪れた香港での、アフタヌーンティーについてお伝えします!

 

おすすめ香港のアフタヌーンティー!やっぱり王道はマンダリンオリエンタル

香港に行くと決めてから絶対に行きたいと思ったのが、アフタヌーンティー。最近は日本でも流行っているようですが、もともとはイギリスの文化です。

アフタヌーン・ティー(Afternoon tea)はイギリス発祥の喫茶習慣。

紅茶と共に軽食菓子を摂る習慣である。

アフタヌーン・ティー - Wikipedia

 

ということなので、イギリスの植民地だった香港でアフタヌーンティーが有名なのは当然?とにかく、「有名なホテルで上品にアフタヌーンティーを!」という憧れがありました。ミーハーと言われればそれまでのこと。

 

マンダリンオリエンタルに決めた理由

候補に上がったのは次の3つ。

  • ペニンシュラホテル
  • マンダリンオリエンタル
  • インターコンチネンタル

理由は、有名でハイソで美味しそうだから。単純。

 

特に、ペニンシュラホテルは香港といえばの超有名ホテルだし、

 

インターコンチネンタルは香港の高層ビルを眺めながらゆっくりできそうだし、

 

この2つと比べて私の中では印象が薄かったのがマンダリンオリエンタル。

 

ところが地元の人に聞いてみたところ、「そこはマンダリンでしょ!」と一蹴されました。ペニンシュラは日本人には有名だけど、現地の人にも「ペニンシュラ=日本人が好き」ってイメージがあるそう。

 

 服装はカジュアルでOK

人生初のアフタヌーンティー。迷ったのは服装です。あまりカジュアルに行くのもなぁ…と思ったのですが、午前中は別の場所に行く予定であまりドレッシーな服は着れなかったので、セーター+デニムスカート+スニーカーで行きました。文字に起こしてみるととてもカジュアル。笑 結果的に、周りのお客さんを見てもカジュアルなジーンズで来ている女の子とかもいたので問題はないと思います。

 

予約なしでも入れる

マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーは2階にある「クリッパーラウンジ」で頂くことができます。平日に行ったからか?特に予約はいりませんでしたが、30分ほど待たされました。とは言え、携帯の番号を残しておけば空席ができると連絡をくれます。

 

食べきれないくらいの美味しいケーキと軽食

f:id:coco26_26:20170407152248j:plain

まずは紅茶がサーブされ、続いて軽食が提供されます。下段はサンドイッチ、真ん中はサーモンベーグルとパウンドケーキ、上段はケーキとなっています。

 

f:id:coco26_26:20170408135221j:plain

さらにはスコーンがバスケットに入って登場。ジャムとバターもついてきます。手前のお皿はホットサンドとソーセージロール…だったと思います。

 

上段のケーキは2人用でも1つずつ。頂く前は「1人1つ用意してくれたらいいのに」と思っていましたが、思った以上にすぐにお腹いっぱいになり、ケーキまでたどり着けず。結果、ほぼお持ち帰り。

 

サンドイッチはもちろん美味しいのですが、私はスコーンが好きだったな。バターとジャムがとっても美味しい。なんでもこのジャムは薔薇が原料のローズペタルジャム、香港土産として人気だそうです。 そりゃあ美味しいわけだっ。

 

 アフタヌーンティーって意外とお腹いっぱいになるんだなぁ…という事実はさておき。マンダリンオリエンタルは香港ビジネスの中心、中環(セントラル)に位置することもあってか、ビジネスマンでたくさん。クリッパーラウンジでも西洋人のビジネスマンやマダムがお茶したり、お酒飲んだり、ミーティングしていたりと、なんだか高級な空間でした…。

 

とは言え、私たちのようにアフタヌーンティーを楽しみに来たような若い女の子グループとかもいて、敷居が高すぎることはないなと思いました。

 

夢のような空間、楽しかったです。今度はペニンシュラに行ってみたいなぁ。でも、メニューは頻繁に変わっているみたいだし、またマンダリンに行くのもありかも。旅行先でのアフタヌーンティー、思いの外楽しかったのでまた行ってしまいそうです。