ひつじ日和

ひつじがたくさんいる国で暮らす人の日常。美容・持たない暮らし・旅行・映画・読書など。

ウェルカムボードにも!ハートマップでウエディングの準備

来月、ウエディングフォトを撮るため、ちょこちょことDIYを開始しています。

インスタグラムでも可愛いウエディング写真を載せている人もいますが、私は断然Pinterest!

簡単なDIYのアイデアが見つけられるので、自分で小物をささっと作るのに便利です。

 

シンプルで可愛いHeartMap

私が1番最初に着手したのが、「Heart Map」。

要は新郎新婦の思い出の場所の地図をハートにして額縁に飾る、というものなんですが、

f:id:coco26_26:20171112054425j:plain

こんなのとか、

f:id:coco26_26:20171112054439j:plain

こんなのとか、

 

あんまりデコデコしすぎじゃなくて、後々部屋に飾っておくのにもいいかも!と思い、作ることにしました。

 

どこをハートにする?

「まずはどの場所を入れるか」「何個ハートを作るのか」ですが、もうこれは人によって色々みたいです。

  • 出会ったところ
  • 初デートしたところ
  • 付き合うことになったところ
  • 結婚するところ
  • ハネムーンのところ
  • 一緒に住むところ

などなど、「2人の記念の場所」を入れている人が多いようです。

 

私は、「彼・私の出身地」「出会ったところ」「結婚するところ」を採用。敢えて出身地を入れたのは、

  • この4つが全部違う国なので、それが私たちらしさだと思ったから
  • ハネムーンの予定が決まっていないので、入れようがないから
  • 出会ったところ・付き合い始めたところ・初デートは全部同じ街なので、全部載せたらつまらないから

という理由からです。

 

作り方も超簡単

それでは工程を写真付きでどうぞ!

①Google mapを加工する

f:id:coco26_26:20171112065958j:plain

まずは地図をダウンロードするのですが、Google mapの色合いが好きじゃなかったので、加工することにしました。

パソコンの画面をスクリーンショットして、色の加減を編集。

私はレトロっぽいのがよかったので、ちょっとくすんだ色加減にしました。

 

②ハートに切り抜く

f:id:coco26_26:20171112070032j:plain

出会った場所、メルボルン

加工した地図に、白枠のハートシェイプをつけます。

白枠にしたのは、写真を切り抜いた時に多少切り方がぶさぶさでも、目立たないかなと思ったから。

後ろの紙がピンクならピンク色のハートにすればいいし、黒なら黒のハートを書けばいいと思います。

 

③台紙を用意する

私は台紙に、「He's from」「She's from」「Met」「Married」の文言を付け加えました。

この文言を入れた台紙はワードで作ったのですが、字のフォントをちょっとおしゃれなものにするといいかも。

ちなみに、結婚記念日や2人の名前を入れている人も多いようです。

f:id:coco26_26:20171112060206j:plain

こんな風に、「出会った場所(Hello)」「プロポーズの場所(Will you?)」「結婚する場所(Mr&Mrs.)」を表現するのも面白いかも。

 

④ハートを台紙に貼って、額に入れれば完成!

台紙をA4の薄い紙にしたのですが、もっと上質な紙を使えばよかったかな?と少し後悔。でも額縁に入れたら特に気になりません。

ちなみに額縁はダイソーです。

 

出来上がりはこちら!

f:id:coco26_26:20171112063719j:plain

 

地図の色加減を編集するのに時間がかかりましたが、切って貼ってだけなので、不器用な人にもおすすめです。

何を隠そう私が超不器用なので、それでもできましたから。

 

ウェルカムボードにもあり

私はウエディングフォトにかこつけて作ったので、当日はこれをフォトグラファーに撮ってもらおうと思います。

日にち・名前を入れれば、結婚式のウェルカムボードとしても使えそうですよね!

 

というわけで、誰得?なDIYの様子をお届けしてまいりましたw

もし、「ハートマップの作り方が気になる!」という希少な方(?)がいたら、参考にしてくださいね。

 

※写真はすべてPinterestからお借りしました。